婦人

いつまでも安心して乗りこなす為に【車検が有効な期間と検査費用】

有効期限と検査費用相場

運転する女性

近年は車社会と呼ばれるほどに多くの人に車が普及しました。車両を所有すると新車登録後であれば登録後から3年目、それ以降の通常車両であれば2年毎のペースで車検を受けなくてはなりません。いつまでも安心して乗りこなす為に大切です。車検とは車両が道路を走行するにあたってその安全性や排気ガスによる環境への影響などそういった問題がないかどうかを国の期間が定期的に各車両をチェックするために行なわれるもので、継続検査とも呼ばれています。新車登録後から3年目であったり2年毎であったりするものは車検の有効期間と呼ばれ、この期間は自動車検証で確認することができます。有効期間内に検査を行なって問題がなければ検査表彰というものを貰うことができ、これには次の有効期間が記載されています。また、有効期間を過ぎている車両で行動を走行すると道交法により重い処分を受ける対象とされます。
検査の際には点検、整備、検査を行なう必要があり、そのタイミングで自賠責保険料と重量税も支払わなければなりません。重量税は軽自動車であれば約6600円、小型自動車であれば約16400円、中型自動車であれば約24600円、大型自動車は約32800円となっています。自賠責保険は軽自動車であれば約26370円で乗用車であれば約27840円を支払う必要があります。出費の費用は安いとはいえないので前もって費用を用意しておくことが大切になるでしょう。また、検査にかかる費用は各業者によって変わってくるので、様々な業者を比較してできるだけ安い業者を選ぶことで費用の節約になるはずです。

愛車を長く綺麗に保つ方法

2台の車

新車を購入した際や自身の車に愛着がある場合にはその車をより長く綺麗に保ちたいと考えるかと思います。カーコーティングを施工することで車を汚れや細かい傷から守ることができるでしょう。

Read More..

コーティング業者の特徴

車

車両のボディコーティングを施工するにあたって、コーティング専門店やディーラー、板金塗装業者、ガソリンスタンドなど様々な選択肢があります。それぞれの特徴を把握しておくことで丁寧なコーティングを施工してもらうことができるでしょう。

Read More..

車検の種類と特徴

男女

神奈川県で車検を受ける際に、様々な車検の方法の中からどれを選べばいいのかわからないという人は少なからずいるはずです。それぞれの特徴を知ることで自身にあった車検の方法を選ぶことができるでしょう。

Read More..